読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼氏が霊感体質の話

今まで身近に霊感を持っている人がいなかった。いたけど、塾の先生だし聞かされてもなんか子ども相手にそれっぽい話してるのかなあと思った。

今の恋人が霊感あるらしい。恋人なので信じている。愛するということは信じるということなの。LOVE...

宗教の話ばかりなのでたまには別枠オカルトいきます

彼曰く「スイッチ」があり、それを切ってさえいれば特に気にしなくていいらしい。高校時代、霊感が強い友達といたら見えるようになったとのこと。

ちなみに私の右肩辺りに守護霊がいるらしい。おばあちゃんの姿だという。彼には守護霊がいないらしい。

なんとなく、ちょっと前ハマっていた「投稿動画系ホラービデオ」は嘘なのかと聞いたら、本物もあるという。八つ墓村のヤベェ方の尼さんみたいなのが霊媒している胡散臭い動画で霊が払われていたらしい。ほう。とはいえここ最近私の調子が良くないのでホラービデオなんて見る勇気無い。元気な時じゃないとああいうのって疲れるからね。

彼が高校時代、夜に実家近くの病院だか何だか、医療系の建物の前を通った時のこと。もう建物の中も暗くて、自動販売機の灯りだけが点いていたらしい。その前に、「女の人」が立っていた。ヤバいやつだと気付いた彼は、出来るだけ急いで家へと向かう。明らかに「女の人」はついてきている。彼の実家の玄関先には、「おじいちゃん」が立っている。彼が何を持って来ても、「おじいちゃん」のお陰で家には入ってこない。「女の人」も、家の中には着いてこなかった。

彼曰く「俺の家、ドーム型の大丈夫だから」ドーム型に覆われていて大丈夫とのこと。ドーム型の大丈夫で何となく伝わるしドーム型の大丈夫って声に出すと可愛いから彼の千葉の家は「ドーム型の大丈夫」と勝手に呼んでいる。ってか引っ越したって聞いたんだけど、おじいちゃんはついてきているのかしら。おじいちゃんついてきてなかったらもう終わりじゃないか。

興味本位で、「心霊写真も本物かわかるの?」って聞いた。わかるとのこと。「アステカの祭壇って知ってる?」知らないらしい。めちゃめちゃ興味ある。見せたい。見せてみたい。彼に言われる。「俺、見ることしか出来ないからね。払ったりとかは、出来ないから」本物の心霊写真見てもきもちわり〜ってなるだけらしい。もし「アステカの祭壇」がガチガチのガチだったらとんでもない気がして、見せるのはやめといた。見せるなら、ドーム型の大丈夫の近くにしておこうと思う。

「アステカの祭壇」知らない人は、検索どうぞ。わたしは何も無いので何も感じませんが何かあって何か感じたらすみません。